YouTubeの再生回数を増やす7つの方法!5つのチャンネル運営に関わったYouTubeコンサルが解説

YouTubeチャンネルに動画を投稿しはじめたものの、動画再生数が全く伸びないそのような方が運営しているチャンネルは、「再生数が増えないなんらかの要因」が隠されている可能性があります。

本記事では、YouTubeに投稿したチャンネルの再生回数を改善するために、どのようなことが必要なのか具体的なテクニックを解説します。
YouTubeの動画投稿が思うように伸びない方は、必読の内容となっていますので、是非参考にしてください。

再生数を増やす7つのテクニック

投稿した動画の再生回数が伸びない原因は、ユーザーが投稿する動画に問題があります。本記事では、動画を投稿する際に、最低限気をつけなければならないことをご紹介します。

どのテクニックも、投稿するジャンルに問わず有効なテクニックなので、参考にしてください。

ポイント① 動画投稿数を増やす

YouTubeはTik TokやTwitterと異なり、「投稿数」が重要なコンテンツです。
投稿数が1本の動画しかないチャンネルに対し、100本の動画投稿数のあるチャンネルは、さまざまな動画からチャンネルに訪れるため、視聴回数が伸びる可能性があります。

1本目から動画が何十万回も再生される動画は、著名人で無い限り難しいと考えられます。50本程度まではどのような動画を投稿しても、再生数が伸びない恐れがあるため、まずは投稿数を増やすことを意識してください。

ポイント② 検索ボリュームの多いキーワードを絡めた動画投稿を検討する

動画を投稿する際には、検索ボリュームがどの程度あるのか、確認してください。
キーワードボリュームの多い動画は、YouTube内でも多くのユーザーに視聴されやすくなります。

いくら質の高い動画を作成しても、検索ボリュームが全く無ければ、動画を投稿しても視聴されない可能性があります。
YouTubeでどのような動画が求められているのか、キーワード検索を調査しユーザーの需要を満たす動画を投稿してください。

ポイント③ SEO施策をおこなう

WEBページでは、Googleのキーワード検索に上位表示されるため、SEO施策をおこなうのが一般的です。

YouTube内にはGoogleの検索システムが同様に使われているため、動画への対策が必要です。
タイトルにキーワードを取り入れることはもちろんのこと、概要欄や、ハッシュタグ、動画内のセリフなど、キーワード検索で上位表示される対策を行う必要があります。

再生数が伸び悩んでいる動画の中には、タイトルだけにキーワードを反映させ、それ以外の項目は適当に設定しているということも考えられます。
一度投稿する動画に、キーワードがどの程度反映されているのか、確認をしてください。

ちなみに、YouTubeのSEOは最近ではVSEOと呼ばれます!

VSEOの詳しい詳細はこちら

VSEOの実績No.1会社『心絵』のYouTubeSEO

ポイント④ インプレッション数を上げる

YouTubeの再生回数を上げるためには、インプレッション数を上げることが大切です。
インプレッション数とは、YouTubeにアクセスしたユーザーに対し、自分の動画サムネイル がどの程度表示されたのかを知るための数値です。

投稿数が多ければ、インプレッション数が自然と増え、結果的に自社のチャンネルの動画を閲覧してもらえる可能性が高くなります。

動画再生数が伸び悩んでいるチャンネルの多くが、インプレッション数が少ないことが原因として考えられます。
インプレッション数を増やすように動画を投稿してください。

ポイント⑤ クリックをしたくなるようなサムネイルを設定する

動画投稿をする際には、サムネイル画像にも工夫をしてください。
視聴者の多くは、動画のサムネイル画面を元に、視聴すべきかどうかを決定します。

視聴者がついクリックをしたくなるような訴求力の高いサムネイル 画像を投稿しましょう。

サムネイル画像を投稿する際には、以下のポイントに注意をして制作を検討してください。

・出演者の表情が分かるもの
・キーワードを15文字以内に収める

視聴者の反応が良ければ、クリック率が高くなります。
クリック率が10%を超えていれば、多くのユーザーに視聴される可能性があります。
投稿した動画のサムネイルクリック率が悪ければ、別のサムネイルに変えるようにしてください。

YouTube動画の再生回数が上がるサムネイル作成○つの方法

ポイント⑥ 視聴維持率を40%以上キープする

視聴維持率の悪い動画は、YouTubeからおすすめ動画として紹介される可能性が低く、再生回数を伸ばすことは難しいと考えられます。
多くのユーザーにおすすめ動画として紹介してもらうために、YouTubeの視聴維持率を高い動画を投稿する必要があります。

視聴維持率が40%以上ある動画は、YouTubeから優良動画と認定され、インプレッション数の大幅な向上が期待出来ます。
維持率を確認し、維持率の悪い動画をどのようにすれば改善されるかを細かく確認してください。

視聴者の満足度アップ!YouTube動画にチャプターを設定する方法

ポイント⑦ ユーザーから高評価・コメント・シェアを獲得する

視聴維持率だけでなく、ユーザーからの反応が良い動画はおすすめや関連動画に表示されやすい可能性があります。

アップロードした動画が、高評価、コメント欄、シェアが多くされるように動画の構成を工夫しましょう。
例えば、コメント数を増やす場合は、コメント欄にチャンネル運営者が視聴者に問いかけをして、再生回数を多くする方法です。
コメント欄に投稿した動画のキーワードが多く反映されれば、より多くのユーザーページに表示されるでしょう。

コメント欄の呼びかけだけでなく、動画内でのチャンネル登録、コメント欄の誘導も有効です。

まとめ

投稿した動画の再生回数が伸び悩んでいる場合は、面白い動画を投稿しても、アップロードの際に何らかの問題を抱えている可能性があります。
再生回数を改善したい方は、本記事で紹介したポイントを意識しながら動画投稿をしてください。
今回紹介した項目の詳しい内容は、他記事で詳しく解説しています。
詳細を詳しく知りたい方は、各ページの詳しいリンクを参考にしましょう。

《お問い合わせ》

下記ボタンのお問い合わせフォーム又はLINE・メールから承っております。

🍀ライン・メール🍀
での問い合わせは
【24時間年中無休】

お気軽にご相談ください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA