益本明日香さん(元モデルの掌蹠膿疱症患者)

掌蹠膿疱症の経験を基に情報発信をされている

『益本明日香』さん!

モデルのお仕事もされていたそうです!

《プロフィール》

経歴

1985年 大部小学校

1991年 旭ヶ丘中学校 入学

1994年 小野工業高校 入学

1998年 神戸女子短大学校 入学

自己紹介

短大在学中から水商売をし、アルバイトでモデルのお仕事を少しさせて頂いていました。

30代になり、体調不良から仕事をセーブして治療を受けていました。

今は治療を優先に、びわ温灸の勉強をしています。

インスタグラムはこちら!

この投稿をInstagramで見る

治療への第一歩 皮膚の症状が悪化していた時期、他人は自分が思うほど、自分のことを気に留めていないとわかっていながら他人の目が気になって仕方なかった。 今思えば必要以上に自意識過剰になっていたこともあったのではと思います。 私の症状に気づいたら不快に思わせてしまうんじゃないかと大好きな温泉や銭湯を控えたり、施術で手足が触れるネイルサロンやエステ、マッサージも控え、足元は踵のみえないデザインを選ぶようになっていました。 そんな生活が長くなり、この状況を変えるには治療するしかない、診察でわからないなら自分で調べようと思い立ちました。 そこからは時間があればネット検索の日々… そして掌蹠膿疱症という病気に辿り着きました。 自分の症状がネットの画像に類似している。 ずっと知りたかった病名がわかったかもしれない安堵のような気持ちと、治療が難しい病気なら見当違いであってほしい気持ちの狭間で揺れました。 調べるだけでは治らない。 まだ何も変わっていない。 これまでの様に、むやみに病院を受診することをやめて診断し治療してもらえる先生を探しました。 調べていくうちに秋田県に掌蹠膿疱症に詳しい先生がいらっしゃることを知り、秋田県行きを計画していた矢先に先生が退職されたと知りました。 振り出しに戻った気分でした。 治せる可能性があるなら、海外にでもこの頃の私なら行っていたかもしれないと思います。 #掌蹠膿疱症 #掌蹠膿疱症性骨関節炎 #扁桃病巣関節症 #両側口蓋扁桃摘出術 #闘病記録 #難病

@ i_am_asuka711がシェアした投稿 –

この方にご依頼できること

掌蹠膿疱症患者としての体験談、情報発信。

掌蹠膿疱症の認知度向上の為に活動ができればと思っています。

びわ温灸について、又はびわの葉の活用方法などについてもいずれは案件を受けれるほどになりたいと思っています。

現在はまだ勉強の身ですので案件を受けれるのは先になります。

《お問い合わせ》

下記ボタンのお問い合わせフォーム又はLINE・メールから承っております。

🍀ライン・メール🍀
での問い合わせは
【24時間年中無休】

お気軽にご相談ください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA